WEBサイトの目的を明確に

WEBサイトを制作する際に、もっとも大切な点とは?

 WEBサイトを制作する際にもっとも大切なのは「ホームページ制作の目的を明確にすること」です。
WEBサイトを使って何をやりたいのか?言い方を変えればアクセスしてくれた人に「何をして欲しいのか」を明確にすることが大切です。

「ホームページを制作したけれど、お客さんも増えないし売り上げも上がらない。ホームページなんか役に立たない」という声を聞くことがありますが、こうしたホームページはほぼ例外なく「ホームページを使って何をやりたいのか」が漠然としています。

一番悪いのは「ただ何となくホームページを制作しました」というものです。何となく制作して何となく物が売れるほど、ホームページは簡単なものではありません。

 

WEBサイト制作の目的とは

いくつかの例を紹介します。

商品・サービスの販売
直接、商品やサービスの注文を受け付けるために制作するホームページ。いわゆるECショップであり、ホームページとしての難易度は最も高い。購入者から信頼感を得られるかどうかが最大のポイント。

サンプル請求
無料、あるいは割引価格でのサンプル商品の申込み用ホームページ。上記の商品・サービスの販売を最終目的としつつ、初回購入者の抵抗感を和らげるために、こうしたサンプル請求を目的としてホームページを制作することが多い。

資料請求の獲得
直商品パンフや小冊子等の各種資料の請求を目的として制作するホームページ。
上記の商品・サービスの販売に比べると、比較的成果が出やすい。

メールアドレスの獲得
電子メールによる2次販促活動のため、アクセス者のメールアドレスを収集する事を目的として制作するホームページ。
現在のホームページ戦略において、最も重要な目的の一つと考えて良い。

問合せ受付
「お問い合わせはこちらまで」という形で、アクセス者からの電話やメールでの質問、や問合せを求めるホームページ。
既存の営業スタイルが、「広告出稿」→「電話での問合せ受付」というパターンの会社は、この問合せ受付型のホームページを制作すると、成果が出やすい。

情報提供
アクセス者に役立つ情報をホームページに掲載する事を目的として制作するホームページ。
ただしインターネットは「無料の情報」に溢れているため、単に情報をホームページで提供するだけでは、ほとんど商売に繋がらない。

商品紹介
自社の商品説明を目的として制作するホームページ。
実店舗ではパンフレットを渡すだけでは契約が成立しないように、ホームページで商品スペックを掲載するだけでは、商売に決して結びつかない。

会社案内
会社概要や企業理念の説明を目的として制作するホームページで、企業のホームページのほどんどがこのタイプ。

商品紹介のホームページと同様、会社案内を掲載するだけでは商売に繋がらない。

お考えのWEBサイトは上記のどのパターンでしょうか?

 

WEBサイトの目的をしぼる

重要なのは、上記のホームページの目的の中から、1つ、あるいは2つ程度に、ホームページ制作の目的を絞り込むことです。

それなりにノウハウが蓄積されている場合はともかく、最初のうちはホームページの目的を絞り込みましょう。あれもこれもと手を出すと、結果的に虻蜂とらずになってしまい、ホームページの成果がちっとも出なくなってしまいます。

御社の営業スタイルに合わせて、自由にホームページ制作の目的を選んで頂ければ結構ですので、ホームページ制作の目的としてどれを重視するか、じっくりと検討してください。